40代男性の告白「自殺を考えた」 ”コロナ後遺症”に悩む患者の深刻な現実

2021/01/28 17:00

 新型コロナの感染が拡大するなか、その後遺症について注目が集まっている。東海地方に住む山田たかしさん(仮名、40代)は、2020年4月に感染して数週間後に退院したが、体調は改善しなかった。体全体が不快感と倦怠感に覆われ、「感染前の生活を送れない」と話す。患者団体の「筋痛性脳脊髄炎の会」によるアンケートでは、約4割の人が「仕事(学校)に戻ることができない」と回答した。同法人の篠原三恵子理事長は「当時、PCRを受けられなかった人で後遺症を発症している人たちは、行政の補填から落とされてしまうのでは」と訴える。コロナ後遺症の患者たちに何が起こっているのか。各地に取材をした。

あわせて読みたい

  • 「死ね」コロナ感染の男子高生に批判殺到 患者の苦しみと後遺症のリアル

    「死ね」コロナ感染の男子高生に批判殺到 患者の苦しみと後遺症のリアル

    週刊朝日

    9/8

    コロナ後遺症「なし」はわずか13% 徒労感や呼吸困難、ICUでのストレスも関係か

    コロナ後遺症「なし」はわずか13% 徒労感や呼吸困難、ICUでのストレスも関係か

    AERA

    9/1

  • コロナ後遺症「再生早いはずなのに」 嗅覚障害・味覚障害のメカニズムのなぞ

    コロナ後遺症「再生早いはずなのに」 嗅覚障害・味覚障害のメカニズムのなぞ

    AERA

    9/3

    「サボり」「神経質」 コロナ後遺症への無理解とWHOが警告した理由

    「サボり」「神経質」 コロナ後遺症への無理解とWHOが警告した理由

    AERA

    11/17

  • 【厚労省調査】長引くコロナ後遺症、半年後も「筋力低下」「肺機低下」「疲労感」

    【厚労省調査】長引くコロナ後遺症、半年後も「筋力低下」「肺機低下」「疲労感」

    AERA

    7/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す