ママYouTuberのなーちゃん「ヒカキンでも、はじめしゃちょーでもない、日本一のYouTuberは?」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ママYouTuberのなーちゃん「ヒカキンでも、はじめしゃちょーでもない、日本一のYouTuberは?」

連載「ママYouTuberなーちゃんの三足わらじ生活」

dot.
なーちゃん/1989年生まれ。二児のママ兼YouTuber。2014年にチャンネルを開設。長男のこうちゃんと出演する動画は子どもから親まで幅広い層から人気を集め、”ファミリー系YouTuber”としてカリスマ的存在に。

なーちゃん/1989年生まれ。二児のママ兼YouTuber。2014年にチャンネルを開設。長男のこうちゃんと出演する動画は子どもから親まで幅広い層から人気を集め、”ファミリー系YouTuber”としてカリスマ的存在に。

「日本で一番のYouTuberは誰ですか」と聞かれたら、みなさんは誰を想像しますか?有名な人、人気動画を作る人、登録者数の多い人、たくさんの収益を得ている人などの名前が挙がりやすいと思います。

 多くの視聴者は、「自分が最も好きなYouTuber」の名前を挙げるかもしれませんが、動画製作者であるYouTuberは、チャンネルの順位を感情ではなく数字で考えます。日本で最も累計再生回数が多いのはフィッシャーズさん、登録者数が多いのはキッズラインさんです。意外かもしれませんが、ヒカキンさんやはじめしゃちょーさん、東海オンエアさんは、再生回数や登録者数という数字の観点だと日本で1番ではありません。「好き」と「数字」には差があるのです。そして、数字の観点から、将来的に日本一のYouTuberになるかもしれない人物が現れました。TikTokでフォロワー数が日本一の、じゅんやさんです。

 じゅんやさんは、「Jyunya.じゅんや」というチャンネルを2020年9月に開設しました。5カ月で登録者数は450万人を超え、累計再生回数は1月18日の時点で15億回を超えています。驚くべきことに、チャンネルの1日の再生回数は2千万回、登録者数は1日に6万人ずつ増えています。こんなペースで成長するチャンネルは見たことがありません。このペースだと1年程度で、登録者数も再生回数も日本一をとります。「すごい」の一言しかありません。驚異的なチャンネルです。しかしながら、もしかしたら、多くの人はじゅんやさんについてはご存知ないかもしれません。

 TikTokで日本一のフォロワー数を持ち、YouTubeでも爆進しているじゅんやさんは、実は日本国内よりも海外での人気がすごいためです。海外のユーザーを取り込むと、爆発的に数字が伸びます。冒頭の「日本で一番のYouTuberは誰ですか」という問いに対して、じゅんやさんの名前を挙げられる人は、あまり多くはないと思います。「好き」と「数字」には差があるためです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい