渡部建 謝罪会見【全文(1)】「卑怯なやりかたで口裏合わせをしてしまった」 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

渡部建 謝罪会見【全文(1)】「卑怯なやりかたで口裏合わせをしてしまった」

謝罪会見の様子(撮影:伊ヶ崎忍)

謝罪会見の様子(撮影:伊ヶ崎忍)

 今年6月に「多目的トイレ」を使った不倫問題が報じられ、活動休止しているお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)が12月3日夜、都内で記者会見を開いた。本サイトでは記者会見の全文を配信する。

【写真】取り囲むリポーターの輪
*  *  *
 渡部は、黒いスーツ姿で黒のネクタイを締め、フェイスシールド姿で会場に現れた。髪も黒く染めていた。両手でマイクを持ち、神妙な面持ちで第一声を発した。

 本日は大変お忙しい中お集まりいただき、コロナ感染対策にご協力いただき、ありがとうございます。このたび私がしてしまった大変軽率な行動により、関係者のみなさまにご迷惑をおかけし、多くの視聴者の皆様に大変不快な思いをさせてしまったことを心より深くおわび申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。会見が遅くなってしまったこと、不適切な場所での不貞行為、深く深くお詫び申し上げたいと思います。本当に申し訳ございませんでした。

――記事内容は事実だったのか。

概ね、報道にあった通りです。

――結婚前から後も複数の女性と関係を持っていたのか。

最低な行為だったと思います。

――(記事にある)B子さんとのことは?

記事にあった通り「結婚前のことにできないか」ということで、女性に電話して、卑怯なやりかたで口裏合わせの電話をしてしまった。

                        (AERAdot.編集部)

渡部建 謝罪会見【全文(2)】「妻はものすごく取り乱していた」>に続く。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい