NHK「朝の顔」桑子真帆 熱愛発覚でわかった“夜の素顔” (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

NHK「朝の顔」桑子真帆 熱愛発覚でわかった“夜の素顔”

このエントリーをはてなブックマークに追加
島本拓dot.
画像は4月24日に放送されたNHK「おはよう日本」より。桑子アナはどこか元気がなさそう?

画像は4月24日に放送されたNHK「おはよう日本」より。桑子アナはどこか元気がなさそう?

 4月23日、週刊誌「女性セブン」で俳優の小澤征悦(45)と“お泊まりデート”の様子が報じられたNHKの桑子真帆アナウンサー(32)。

【写真】NHK内で桑子アナの「ライバル」と目されるアナウンサー

「ニュースウォッチ9」から「おはよう日本」へ、和久田麻由子アナと入れ替わりで異動した直後の熱愛報道に、局内からは戸惑いの声があがっている。

「桑子と和久田の朝夜のトレードはこの春の目玉の人事。それぞれ無難なスタート切り、皆ほっとひと息ついたところでの一報だけに、微妙な空気が流れています。桑子はバツイチ、独身なので交際そのものに問題はありませんが、相手はこれまでにも著名人と浮名を流したプレイボーイ。朝の番組のイメージもあり、派手な交際は好ましくないというのが上層部の空気です」(NHK局員)

 桑子アナは2010年に入局し、広島支局などを経て15年に東京アナウンス室に異動。同年4月から「ブラタモリ」のアシスタントに抜擢されると才能が開花。「性格もよく、お高くとまってないし、いいコでした」とタモリが絶賛したように、気さくなキャラクターで一躍お茶の間の人気者に。17年からは2年続けて「紅白歌合戦」の司会を務め、文字通りNHKの看板アナウンサーとなった。

 一方で、そんな華々しい経歴とは裏腹に、NHKらしからぬ“お騒がせアナ”として週刊誌の誌面を飾ることも少なくなかった。

「17年にフジテレビの谷岡慎一アナと結婚しましたが、生活のすれ違いが原因で翌年にスピード離婚。お酒好きで飲み会にも積極的に参加するなど、人付き合いが良く“おじさんキラー”としても知られています。紅白の司会に抜擢された際は、周囲が多忙な桑子に合わせて忘年会の日程をずらすなど、スタッフ受けも抜群にいい。特に変装もせずに1人で飲みに行くなど、女子アナとしては比較的ガードが緩いので、常に週刊誌はマークしていましたが、まさか相手が小澤とは驚きました」(週刊誌記者)

 「女性セブン」によると共通の友人を介して知り合い、昨年の春頃に交際がスタートしたという。「ニュースウォッチ9」も3年目を迎え、仕事面でも充実した中での新しい恋だったのだろう。

 


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい