41歳でママになった浜崎あゆみが葛藤し続けた“母親”の存在 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

41歳でママになった浜崎あゆみが葛藤し続けた“母親”の存在

このエントリーをはてなブックマークに追加
宝泉薫dot.
出産を発表した浜崎あゆみ (C)朝日新聞社

出産を発表した浜崎あゆみ (C)朝日新聞社

 ウエディングドレスを着ると、婚期が遅れる――よく言われるジンクスだ。芸能人の場合、仕事で着る機会も多いので、そのつどこれが話題になったりする。そんな衣裳を「紅白」や自身のライブで、何度となく身にまとってきたのが浜崎あゆみだ。2010年には「ウエディングドレスが似合うと思うアーティスト」(レコチョク調べ)で1位に輝いたりもした。

【美しすぎる浜崎あゆみの写真はコチラ】

 では、彼女の「婚期」がどうかというと、32歳のとき、豪州人俳優と米国で結婚。しかし、日本では婚姻届を出さないまま、1年後に離婚した。35歳のときには、米国人大学生と米国で結婚して、日本でも婚姻届を出したが、2年半で離婚。そして今年の元日深夜、彼女は公式ファンクラブのサイトでこんな発表をした。

「私、昨年末に天使を産みママになりました」

 ただし、父親がどういう人物なのかは明らかにされていない。20代の日本人ダンサーとも報じられているが、入籍したという話も聞こえてこない。「婚期」が遅れたかどうかはともかく、彼女と結婚の相性はいまひとつなのだろう。

■ドラマ「未成年」での出産

 とはいえ、彼女が41歳にして母親になったというのは感慨深い事実だ。それは昨年、小説『M 愛すべき人がいて』(小松成美著)で話題になったエイベックス創業者・松浦勝人氏、さらにはTOKIOの長瀬智也といった大物たちとの恋愛遍歴などを思い出すからというだけではない。じつは彼女、Jポップの歌手としてブレイクする前に、けっこうな芸能活動歴がある。なかでも語り継がれているのが、95年のドラマ「未成年」だ。

 いしだ壱成や香取慎吾、反町隆史らが廃校に立てこもる若者たちを演じた社会派群像劇で、彼女は桜井幸子や遠野凪子(現・なぎこ)とともにヒロイン的存在だった。ロケが行なわれた廃校は福島にあり、出演者たちが滞在した温泉旅館に偶然泊まったことがある。ドラマのポスターにサインが寄せ書きされていて、しみじみとしたものだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい