鈴木保奈美、月9女優に復帰…撮影現場でも“オーラ全開” (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鈴木保奈美、月9女優に復帰…撮影現場でも“オーラ全開”

このエントリーをはてなブックマークに追加
緒方博子dot.
鈴木保奈美 (c)朝日新聞社

鈴木保奈美 (c)朝日新聞社

 織田裕二(50)が主演を務める10月期“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)に、鈴木保奈美(52)の出演が決定した。2人が共演するのは1991年に放送された月9「東京ラブストーリー」以来、27年ぶりとあって正式に発表される前から大きな注目が集まっている。

 原作は同名のアメリカの人気ドラマで、英国のヘンリー王子と結婚したメーガン妃が、メインキャストとして出演していたことでも話題になった。

 大手弁護士事務所を舞台に勝利至上主義の弁護士・甲斐正午(織田)と“完全記憶能力”を持つ天才フリーター・鈴木大貴(中島裕翔)がバディを組み、さまざまな訴訟に挑む姿を描くリーガルドラマだ。鈴木が演じるのは、甲斐や大貴の上司で事務所の所長の幸村チカ。

 「この世の果て」(94年)以来、24年ぶりに“月9女優”に復帰した鈴木は番組オフィシャルサイトで、意気込みをこう語っている。

「“24年ぶり”という数字を聞くと、“わぁ~(驚)”で終わりなんですけど(笑)、私個人にとっては24年という長いブランクがありながらも、お声がけ頂けるということに感謝しかありません。と同時に、“おまえ、24年、何をやっていたんだ!”と言われないように(笑)、24年前とは違う“鈴木保奈美”をお見せしなければならないと思います」

 「東ラブ」世代にとっては、「カンチ」と「リカ」の強力タッグが見られると期待も高まるが、早くも不協和音が生じているという。

「8月22日発売の『週刊新潮』によれば、織田は事前に一部に鈴木との共演が漏れたうえに、今回の共演のことばかりが話題になるので激怒しているそうです。また、結婚、出産などで一時休業していた鈴木と、『踊る大捜査線』(フジテレビ系)などのヒットを飛ばし続けてきた自分が同列に扱われることが気に入らなかったそうです」(スポーツ紙記者)

 鈴木が本格的に女優復帰したのは2011年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」からだが、その後もコンスタントに出演しており、10月期ドラマでは「主婦カツ!」(NHK-BS)にも出演するなど、かなりの売れっ子だ。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい