継母は実は実母だった!? シンデレラの真実 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

継母は実は実母だった!? シンデレラの真実

このエントリーをはてなブックマークに追加
中野京子/ドイツ文学者、作家。早稲田大学大学院修士課程修了。2007年から発行された「怖い絵」シリーズが話題に。東京・上野の森美術館で17年12月17日まで開催していた「怖い絵展」の特別監修も務めた

中野京子/ドイツ文学者、作家。早稲田大学大学院修士課程修了。2007年から発行された「怖い絵」シリーズが話題に。東京・上野の森美術館で17年12月17日まで開催していた「怖い絵展」の特別監修も務めた

中野京子著『別冊NHK100分de名著 読書の学校 シンデレラ』(NHK出版)※筑波大学附属中学校での特別授業をもとに書き下ろしたもの

中野京子著『別冊NHK100分de名著 読書の学校 シンデレラ』(NHK出版)※筑波大学附属中学校での特別授業をもとに書き下ろしたもの

中野京子著『別冊NHK100分de名著 読書の学校 シンデレラ』(NHK出版)※筑波大学附属中学校での特別授業をもとに書き下ろしたもの

中野京子著『別冊NHK100分de名著 読書の学校 シンデレラ』(NHK出版)※筑波大学附属中学校での特別授業をもとに書き下ろしたもの

 小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』では、各界の著名人が交代で本を紹介する「ブックウェーブ 私の3冊」を連載しています。今回は中野京子さん。テーマは「本当のシンデレラ」です。

【絵画に描かれた「シンデレラ」を中野京子さんが解説】

■継母は実は実母だった!? 灰まみれの理由は?

「世界一有名なヒロイン」と呼ばれるシンデレラ。みなさんが思い浮かべるのは、ディズニーアニメのイメージではありませんか?

 もともとのシンデレラは口承文芸で、類話は世界中になんと500以上あると言われます。今に残る最古の文献は9世紀の中国なので、もし発祥地も中国だったなら、シンデレラは纏足(女性の足を成長期に布できつく縛り、人工的に小さいままにした風習)だった可能性も否定できません。現代人が思い浮かべる西洋的シンデレラに、アジアの香りが入っているのはちょっと意外ですね。

 昔話は一見単純なストーリーに見えて、その背後には膨大な歴史を隠しているのです。そうした形が残っているのがグリムのシンデレラ。魔法使いは登場せず、彼女は成功に向かい知力をふりしぼって行動し、運をつかみ、復讐も果たします。まさに庶民の夢そのものと言えましょう。

 一方、17世紀の宮廷詩人ペローは、素朴だったストーリーを華やかな独創性で彩りました。おっちょこちょいの魔法使い、カボチャの馬車、ガラスの靴、12時のタイムリミットは、すべてペローの詩心が生み出したすばらしいファンタジーなのです。その代わりシンデレラの性格から個性が失われ、当時の宮廷婦人にふさわしい言動に終始します。他力本願が幸せを呼ぶわけです。

 ディズニーはペローの内容を元にしました。このアニメにおける最大の見どころが、楽しいミュージカル仕立ての魔法シーンなのは言うまでもありません。

 グリムとペローとディズニー、3種のシンデレラ物語を比べるだけでも興味深いことですが、どこかの村で生まれた短いお話が世界中に伝わり、定着してゆく過程を知るのも、スリリングと言えます。

 シンデレラが灰にまみれているのはなぜか、継母は実際には実母だったのではないか、なぜ魔法が解けたのに靴だけ残ったのか、意地悪な姉たちに対し、グリムのシンデレラが残酷な復讐をするのに、ペローのシンデレラが許したのはなぜか……。

 いくつもの謎を解くためには、物語の表面を見るだけではなく、先述した背後の歴史にも目を向けなければなりません。みなさんも一緒に考えてみてください。

【中野京子さんの3冊】
(1)『別冊NHK100分de名著 『書の学校 シンデレラ』
中野京子/著(NHK出版 864円)
※筑波大学附属中学校での特別授業をもとに書き下ろしたもの

(2)『グリム童話全集』(全3巻)
グリム兄弟/編、高橋健二/訳(小学館 1944円)
→ドイツのグリム兄弟が編纂。古くから民衆の間で語り継がれた200話以上のストーリー。「かえるの王さま」「白雪ひめ」「ヘンゼルとグレーテル」などは、日本だけでなく世界中の絵本の定番と言えます。シンデレラのタイトルは「灰かぶり」

(3)『完訳 ペロー童話集』
新倉朗子/訳(岩波文庫 842円)
→17世紀の宮廷詩人ペローによって描かれた華やかで独創的な物語。「眠れる森の美女」「赤ずきんちゃん」「長靴をはいた猫」など、子どもばかりでなく大人も楽しめる読み物になっています。シンデレラはフランス語読みにした「サンドリヨン」がタイトル。

(表示価格は消費税を含んでいます)

※月刊ジュニアエラ 2018年1月号より


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい