北朝鮮には対話? 圧力? 専門記者に聞いた (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

北朝鮮には対話? 圧力? 専門記者に聞いた

このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮とはこのままだと戦争になる? (※写真はイメージ)

北朝鮮とはこのままだと戦争になる? (※写真はイメージ)

コビン:対話と圧力、どちらなら戦争を避けられる?

小村田:対話か圧力か、どちらか一つを選べばいいという単純な問題ではないよ。状況に応じて、時には圧力をかけ、時には対話をする。でも、最後に目指すのは対話だ。たとえ戦争になっても、最後には国同士が話し合うことになるよね。北朝鮮に圧力をかけても、いつかは話し合いで「核兵器の開発をやめます」と約束をし、守ってもらわなければいけない。そのためには、各国が足並みをそろえて北朝鮮と交渉することが大切だね。

<対話に賛成派の意見>
・圧力をかければ、北朝鮮は反発して暴発するおそれがある
・戦争を避けるためには、圧力より対話を選ぶべき
・中国やロシアと連携して対話を重視すべき

<圧力に賛成派の意見>
・圧力をかけなければ、北朝鮮はさらに核開発を進めるだろう
・圧力をかけることで、北朝鮮の態度を改めさせる
・アメリカと足並みをそろえて圧力をかけるべき

 君の軍配はどっち?

※月刊ジュニアエラ 2018年1月号より


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい