専門家に聞いた 2020年度から大学入試の英語はこう変わる

大学入試

2017/07/15 07:00

 2020年度から、大学入試センター試験に代わる新しいテストが始まる。とくに英語は、従来のマークシート試験から、英検やTOEICなどのスコアを活用するスタイルへと劇的に変化する。新しい試験はどんな中身になるのか、試験対策はどうしたらいいのか。東進ハイスクール講師の安河内哲也さんと、文科省の有識者会議座長として英語教育改革に関わるを務める上智大学教授の吉田研作さん、2人のエキスパートが疑問に答える。7月20日発売のAERA English特別号「英語に強くなる小学校選び2018」の一部を抜粋し、最新情報をお届けする。

あわせて読みたい

  • 【8/5(土)開催】「あと3年で小学校の英語教育が激変する! ~幼児期の英語教育のススメ~」(東京)

    【8/5(土)開催】「あと3年で小学校の英語教育が激変する! ~幼児期の英語教育のススメ~」(東京)

    1/1

    来年は早稲田、明治も… 受けて得する「TEAP」って何?

    来年は早稲田、明治も… 受けて得する「TEAP」って何?

    週刊朝日

    2/29

  • 大学入試に「話す」は必要か? 安河内哲也と南風原朝和が激論

    大学入試に「話す」は必要か? 安河内哲也と南風原朝和が激論

    AERA

    3/4

    現役高校教員が訴える 民間試験導入延期で、英語教育はどう変わるか

    現役高校教員が訴える 民間試験導入延期で、英語教育はどう変わるか

    dot.

    5/7

  • TOEIC試験会場でできる「あと10点」にナカないための対策

    TOEIC試験会場でできる「あと10点」にナカないための対策

    AERA

    2/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す