依然人気の公立中高一貫校 競争率は下がっても入試が難しくなった理由とは?

教育

2017/07/01 07:00

 2003年に伊奈学園(埼玉)が誕生して以降、いまでは首都圏で21校に増えた公立中高一貫校。「私立の中高と比べて学費が安く、大学進学にも有利」として人気を博している。最新の中高一貫校について、中学受験情報誌「カンペキ中学受験2018」(朝日新聞出版)から抜粋してお届けする。

あわせて読みたい

  • 倍率1倍以下の高校も…都立中高一貫校、開設13年で見えた課題

    倍率1倍以下の高校も…都立中高一貫校、開設13年で見えた課題

    AERA

    7/14

    公立中高一貫校は東京・千葉で受検者減、神奈川で増 来年度のねらい目は?

    公立中高一貫校は東京・千葉で受検者減、神奈川で増 来年度のねらい目は?

    dot.

    4/3

  • 東大に行くなら「公立中高一貫校」? その実力とは

    東大に行くなら「公立中高一貫校」? その実力とは

    週刊朝日

    4/3

    人気の公立中高一貫校 大学受験の実力は?最新データで検証

    人気の公立中高一貫校 大学受験の実力は?最新データで検証

    週刊朝日

    4/8

  • “公立”一貫校が高校募集停止ラッシュ 私立が危機感「学費の差は大きい」

    “公立”一貫校が高校募集停止ラッシュ 私立が危機感「学費の差は大きい」

    AERA

    1/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す