ケンカばかりの夫婦に子どもが「どうしてそんなに嫌いな人と結婚したの?」 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ケンカばかりの夫婦に子どもが「どうしてそんなに嫌いな人と結婚したの?」

石原壮一郎(いしはら・そういちろう)/1963年、三重県松阪市生まれ。コラムニスト。月刊誌の編集者を経て、93年に『大人養成講座』でデビュー。『大人力検定』『日本人の人生相談』など著書多数。最新刊は『大人の言葉の選び方』(撮影/写真部・大嶋千尋)

石原壮一郎(いしはら・そういちろう)/1963年、三重県松阪市生まれ。コラムニスト。月刊誌の編集者を経て、93年に『大人養成講座』でデビュー。『大人力検定』『日本人の人生相談』など著書多数。最新刊は『大人の言葉の選び方』(撮影/写真部・大嶋千尋)

 小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』で連載中の「大人の謎 ぶっちゃけ質問箱」。今回は「結婚」について。回答者はコラムニストの石原壮一郎さんです。

*  *  *
【Q】お父さんもお母さんも、お互いに相手の悪口ばっかり言っています。そんなに嫌いな人となぜ結婚したの?(K子さん 鳥取県/10歳)

■悪口を言うのは相手を信頼しているから……かも

 大丈夫です。悪口を言っているからといって、相手が嫌いとは限りません。

 昔から言われていますが、「好き」の反対語は「嫌い」ではなく「無関心」です。悪口を言うのは、相手に関心がある証拠。好きだからこそ、いろんなことが気になったりもします。

 そして、遠慮なく悪口を言うのは、どれだけ言っても相手は自分を本当に嫌いにはならないし、自分も相手を心の底から嫌いにはならないという信頼感があるから。他人には、怖くて同じことはできません。

 とはいえ、うっかり加減を間違えて、憎しみがふくらみすぎてしまうことも、しばしばあります。そもそも、子どもにしてみれば、それぞれの親の悪口を交互に聞かされるのは、けっこう苦痛ですよね。

 そのへんも含めて、大人は子どもが思っているよりも、はるかに未熟でマヌケです。でも、いいところもけっこうあるので、上手に付き合ってあげてください。

※月刊ジュニアエラ 2017年2月号より


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい