石積み職人集団「穴太衆」の末裔が語る「熊本城」修復にかかる課題とは!?

地震

2016/04/17 11:30

 難攻不落の名城と言われた熊本城が、熊本地震で大きな被害を受けた。石垣が崩れ、二つの櫓(やぐら)が倒壊、天守閣のしゃちほこが崩落……。目を覆う惨状に「修復できるのか?」と不安が募る。そこで、戦国時代より石垣を築き上げてきたプロ集団「穴太衆(あのうしゅう)」の末裔による建設会社、粟田建設(本社・滋賀県大津市)の代表に復旧へ向けての課題を聞いてみた。

あわせて読みたい

  • 【写真特集 石垣が崩れた熊本城…】

    【写真特集 石垣が崩れた熊本城…】

    1/1

    修復に向けて動き出した熊本城の現在の姿【写真特集】

    修復に向けて動き出した熊本城の現在の姿【写真特集】

    dot.

    5/22

  • “豊臣亡命政権”樹立!? 加藤清正が熊本城に込めた密かな「野望」

    “豊臣亡命政権”樹立!? 加藤清正が熊本城に込めた密かな「野望」

    dot.

    6/7

    修復に向けて動き出した熊本城の現在の姿

    修復に向けて動き出した熊本城の現在の姿

    5/22

  • 空前の城ブーム! 春にオススメ「日本の名城100」の愉しみ方

    空前の城ブーム! 春にオススメ「日本の名城100」の愉しみ方

    週刊朝日

    4/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す