やっぱり懐かしい!? 松本清張が描いた昭和の北陸

2015/05/08 11:30

  北陸新幹線の金沢延伸は首都圏と北陸の距離感を一変させた。東京―金沢間を2時間28分で結ぶ最新型の車両に、かつての「裏日本」のイメージはない。そこで、時代にあえて逆行して昭和の風情たっぷりの“松本清張的・北陸紀行”はいかが? 映画に残る昭和の面影と、平成の風景を見比べてみるのもいいかもしれない。

あわせて読みたい

  • 松本清張「隠蔽と暴露」の作家

    松本清張「隠蔽と暴露」の作家

    週刊朝日

    1/31

    コロナ禍で読むと「生々しい」 60周年の松本清張「砂の器」が古びない理由

    コロナ禍で読むと「生々しい」 60周年の松本清張「砂の器」が古びない理由

    週刊朝日

    5/25

  • 中島みゆき、1998年発売のベストAL『大銀幕』再発売

    中島みゆき、1998年発売のベストAL『大銀幕』再発売

    Billboard JAPAN

    1/30

    直木賞作家・黒川博行の“人生の岐路”は「松本清張」との出合いだった
    筆者の顔写真

    黒川博行

    直木賞作家・黒川博行の“人生の岐路”は「松本清張」との出合いだった

    週刊朝日

    9/24

  • 夏休みに行きたい道の駅!お出かけスポット情報【石川レジャー特集|2017】

    夏休みに行きたい道の駅!お出かけスポット情報【石川レジャー特集|2017】

    tenki.jp

    8/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す