朝ドラ「まれ」・土屋太鳳は“多才”すぎる「体育会系」だった! 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

朝ドラ「まれ」・土屋太鳳は“多才”すぎる「体育会系」だった!

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#ドラマ
多才すぎる!土屋太鳳

多才すぎる!土屋太鳳

3月9日に開かれた「まれ」の完成披露会見。右から二人目が土屋太鳳

3月9日に開かれた「まれ」の完成披露会見。右から二人目が土屋太鳳

 3月30日からスタートするNHKの連続テレビ小説「まれ」に主演する土屋太鳳(つちや・たお)(20)が注目されている。「まれ」は、北陸新幹線の開通で注目が集まる石川県能登地方を舞台に“地道にコツコツ”がモットーのヒロイン津村希(まれ)がさまざまな出会いを通して、自らの原点だったケーキ職人になる夢を取り戻し成長する姿を描く。

「地方の方々の愛情を頂いて撮影しました。“太鳳希ちゃん”と呼ばれ、その響きがとても温かかったです」と9日に行われた完成試写会で笑顔をみせていた土屋。

 朝ドラは2011年の「おひさま」、14年の「花子とアン」に続き3作目で、ついにヒロインをゲットした。

 05年に「スーパー・ヒロイン・オーディション ミスフェニックス」で審査員特別賞を受賞し、映画『トウキョウソナタ』(08年)でデビュー。大河ドラマ「龍馬伝」(10年)でドラマデビューを果たした。さらに、11年にレギュラー出演したドラマ「鈴木先生」(テレビ東京系)で人気を集め、「花子とアン」の吉高由里子の妹・もも役で一気にブレークした。

 155センチと小柄ながら、昨年公開の映画『るろうに剣心 京都大火編』『伝説の最期編』では見事なアクションシーンも披露しているが、それもそのはず、3歳から日本舞踊を、中学では陸上、高校からはクラシックバレエをやっていたという体育会系女子なのである。
  
 現在は日本女子体育大学体育学部に在学中で運動科学科舞踊学を専攻している。

「2020人の中からオーディションで選ばれた土屋は、おとなしそうな見た目ですが、若いのにしっかりした信念を持っている。今回の希役は、彼女の成長する姿とオーバーラップするかもしれません」(テレビ誌記者)

 しかも、オープニングテーマ曲「希空~まれぞら~」は土屋の作詞だという。ヒロインがテーマ曲の作詞を担当するのは、「朝ドラ史上初」だ。

「自身もスイーツ大好きという土屋は、製菓指導を務めるパティシエ・辻口博啓氏から『お菓子作りもリズムが大事。ダンスと一緒だよ』と言われ、何となくコツがわかったと必死で練習しているそうで、希の子ども時代を演じた松本来夢とも撮影前にケーキ作りの練習をしたほど夢中のようです」(前出・同記者)
「マッサン」のウイスキーの後は、“太鳳希ちゃん”のスイーツ。またまた朝の楽しみが増えそうだ。(ライター・戸崎圭子)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい