新幹線で凶行が繰り返されてもセキュリティ対策が充実しない理由

2018/06/11 13:47

 9日夜、東海道新幹線で起きた殺傷事件は、新幹線のセキュリティ対策の限界を改めて浮き彫りにした。東京オリンピックまであと2年。JR各社はセキュリティ対策の強化を迫られるのは必至だが、そこには大きな難題がある。(鉄道ジャーナリスト 枝久保達也)

あわせて読みたい

  • 新幹線に安全に乗る方法 逃げにくいのは何号車?

    新幹線に安全に乗る方法 逃げにくいのは何号車?

    週刊朝日

    6/21

    新幹線焼身自殺 東京五輪控え、テロに無防備な日本

    新幹線焼身自殺 東京五輪控え、テロに無防備な日本

    週刊朝日

    7/8

  • 東海道新幹線で「焼身自殺」 車内から白煙 死者2人…負傷者多数

    東海道新幹線で「焼身自殺」 車内から白煙 死者2人…負傷者多数

    dot.

    6/30

    新幹線「のぞみ」デビューから30年 命名秘話、名古屋飛ばし…波瀾万丈の歴史

    新幹線「のぞみ」デビューから30年 命名秘話、名古屋飛ばし…波瀾万丈の歴史

    dot.

    3/13

  • 3大都市圏で列車内防犯カメラ義務化検討「無差別襲撃事件」を防げるか? 多くは「録画が基本」

    3大都市圏で列車内防犯カメラ義務化検討「無差別襲撃事件」を防げるか? 多くは「録画が基本」

    dot.

    6/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す