コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

黒川博行

黒川博行

黒川博行

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する

  • NEW

    五百万円消滅、のけ反ってお漏らし!? 直木賞作家“2度の株暴落”を経験

    出たとこ勝負 週刊朝日

     ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は、株について。*  *  * 今朝(16日)の新聞に、15日の日経平均株価の終値が1990年8月以来、約30年6カ月ぶりの3万円超えになった、という記事があった。15日公表の国内総生産(GDP)が市場の事前予想より良く、コ...

  • 「大阪はたん壺」「イット革命」…森喜朗、辞任までの「失言」 黒川博行が振り返る

    出たとこ勝負 週刊朝日

     ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は、森喜朗氏の失言について。*  *  * 実績なし、舌禍と失言だけでわたしの記憶に残る、自民党長老による密室談合で首相になれた超強運の森喜朗翁──。「大阪はたん壺。金儲けだけを考えて公共心のない街」88年─。「みんな淋病に...

  • “親指キーボード”世代の直木賞作家が語る「レコードと青春」

    出たとこ勝負 週刊朝日

     ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は、レコードについて。*  *  * パソコンのキーボードの調子がわるくなった。打ち込んだはずの文字がときどき、ちがうものになってディスプレーに出る。こいつもそろそろ寿命かと、裏のラベルを見ると2005年製だった。 わたしは...

  • Zoom選考会でズボンはかず…オンラインのメリットとデメリット

    出たとこ勝負 週刊朝日

     ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は、オンライン選考会について。*  *  * よめはんの個展が終わった。会場に掛けていた多くの絵がもどってきて、応接室はまた、足の踏み場もないありさまになったのだが、それはいいとして、贈りものの花もいっしょに家に来た。胡蝶蘭...

  • 結婚が「人生最大のラッキー」とよめはんの友人に告げる直木賞作家の処世術

    出たとこ勝負 週刊朝日

     ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は、人生最大のラッキーについて。*  *  * 電話の音で眼が覚めた。わざわざ布団から出るのはめんどうだから、とらない。「ピヨコちゃん、起きてる?」とスピーカーから声が聞こえた。よめはんだ。そういえば、今日が個展の初日だと気...

おすすめの記事おすすめの記事