コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

黒川博行

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒川博行

黒川博行

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する

  • NEW

    幻の役満「天和」に万歳三唱! 作家・黒川博行の華麗なる役満歴

    出たとこ勝負 週刊朝日

     ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は幻の役満について。*  *  * 芸大のころの麻雀友だちが遊びにきたので、近くの店で食事をしたあと、家にもどって麻雀をはじめた。メンバーは、友だち、よめはん、わたし──。大阪では四人いても、三人打ちのサンマーをする。 午前...

  • “家宝”の換金は難しい! 面倒くさすぎる古美術を売るステップ

    出たとこ勝負 週刊朝日

     ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は家宝を売る難しさについて。*  *  * 馴染(なじ)みのスナックのマスターから電話があった。店のお客さんが日本画の掛け軸を持っていて、それを売るにはどうしたらいいか、古美術をめぐるコンゲーム小説を書いているわたしに訊いて...

  • 作家の私生活と小説は別物? 黒川博行の非グルメな日常

    出たとこ勝負 週刊朝日

     ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は会食について。*  *  * 東京から編集者が来た。打ち合わせと称する話は十分で終わり、あとは編集者が予約してくれた北新地のすき焼き屋へ。その店はグルメとは縁遠いわたしでも知っている老舗だった。 仲居さんが卓においた肉は、...

  • 大阪までの電車賃を稼ぐため麻雀勝負! 作家・黒川博行vs.藤原伊織の結果は?

    出たとこ勝負 週刊朝日

     ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は金を持たない賭け事について。*  *  * 某テレビ局の飲み会に誘われて、ほいほいと出席の返事をし、当日の午後七時、JR環状線福島駅前のレストランに行った。誰も来ていない。店がちがうのか。「○○テレビの集まりて、こちらさん...

  • いまや絶滅寸前!? 上品で柔らかな「船場言葉」とは?

    出たとこ勝負 週刊朝日

     ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は方言について。*  *  * 月刊誌に連載している小説で主人公を小倉に行かせることにした。大阪の元刑事ふたりと小倉の半グレの対決シーンだ。 わたしは小倉弁(北九州弁)が分からないので、博多出身の担当編集者に方言指導(わたし...