黒川博行〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

黒川博行

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒川博行

黒川博行

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する

  • NEW

    初回で褒められ…ゴルフ歴四十年の黒川博行、今年も変わらず“安定”

    出たとこ勝負 週刊朝日

     ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回はゴルフについて。*  *  * 去年の暮れ、芸大卒業生(京都・今熊野の雀荘に集まった麻雀仲間)の忘年会で、珍しくゴルフに誘われた。いつものメンバーのひとりが腰痛で参加できず、その交代要員だという。「いつなんや」わたしは訊(...

  • ギャンブル好き直木賞作家が起こした奇跡 「五十余年で初」と興奮!

    出たとこ勝負 週刊朝日

     ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は年末の麻雀について。*  *  * 先月はめちゃくちゃ忙しかった。毎年のことだが“年末進行”で原稿の締切りが前倒しになり、そこへ忘年会が五つも重なった。忘年会には二次会、三次会がつきものだから遅くま...

  • 2019年も150本以上映画鑑賞 作家・黒川博行が選ぶ「佳品」は?

    出たとこ勝負 週刊朝日

     ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は2019年に鑑賞した映画について。*  *  * 先週の夕方、仕事部屋でユーチューブの将棋対局を見ているところへ「ピーヨコちゃん」と、よめはんがやってきた。妙に機嫌がいい。わるい予感がする。「映画に連れてったげる」「そうで...

  • 直木賞作家が実感する「適度な近視も捨てたものではない」理由

    出たとこ勝負 週刊朝日

     ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は老いてから実感した「ほんまのこと」について。*  *  * むかし、高校教師をしていたころ、学校健診に来た眼科医が生徒に「視力がよいのと眼がよいのは必ずしもいっしょやない。視力がわるいのは近くのものがよう見えるということや...

  • 気味がわるくても我慢…作家・黒川博行の小説に必要なもの

    出たとこ勝負 週刊朝日

     ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は気味わるいけど小説に必須な本について。*  *  * 今年もはや十二月、なぜかしらん、うちの電気製品には集中的に壊れる時期があるらしく、この夏からあと、ファクスコピー複合機、プリンター、テレビ、掃除機、仕事部屋のシーリング...

おすすめの記事おすすめの記事