笑顔がチャーミングな山本彩さん。山本さんにとって、2023年は「もう一度歩き始めた年」だという(撮影/写真映像部・高野楓菜)

 中学生のときにバンドのギター&ボーカルとしてメジャーデビュー後、NMB48のメンバーになり、キャプテンを務めた山本彩(やまもと・さやか)さん(30)。グループ卒業後は、シンガー・ソングライターとして活躍している。アイドル時代からずっと大切にしているものがある。

【写真】透明感あふれる山本彩さんの写真はこちら

*  *  *

2023年は「もう一度歩き始めた年」

 休養期間を経て、2023年は3年ぶりに4枚目のアルバム「&」をリリース、2年ぶりのツアーを行った。「もう一度歩き始めた年」だという。

「2023年はいったんリセットしてから、もう一度歩き始めた年。前半は活動を再開したことに対するプレッシャーや不安が大きかったんですが、ステージに立つことによって、いったん遠くに離れたように感じたファンの方たちとの距離をより近く感じられるようになり、絆が深まったと思いました。今はもっと楽しくなりそうだなというワクワク感が強いです。振り返ってみると、その期間があったから良かったと思えることがたくさんある。私はずっとしっかりと休むという選択肢を取ってこなかったので、心身ともに立ち止まることの重要さを身をもって実感できました」

 休養した経験は、ターニングポイントになった。

ライブをしている姿が浮かんだ

「2021年の活動休止は、いきなりぷつんと切れてしまったような状況だったので、落ち込んで、情報をシャットアウトしていた時期がありました。でも、『またライブが見たい』という小さな気持ちから始まって、徐々に「最近はどんな音楽が聴かれてるんだろう」とか、興味が広がっていった。そうすると自分がライブをしている姿が思い浮かんだんです。『みんな待ってくれてるのかな』と思うようになって」

 きっかけは、いつも音楽だったという。

「休養期間も、ソロになる直前のタイミングも、人生のターニングポイントにはいつも音楽がありました。いろいろなお仕事をやらせてもらっていますが、私の核はやっぱり音楽。喜びを感じるのも悩むのも、音楽のことなんです。

 それが苦しくなることもありますが、それだけ自分の中で大きい存在なんだと受け止めています。普段音楽を聴いていても、 自分のメンタルの状況によって『めっちゃ良い曲やな』って思って、曲を作る後押しになることがあれば、『こんないい曲は自分には書けへんな、この人は天才やな』と思って気分が落ちてしまうこともあります。表裏一体です」

次のページ
アイドルを選んだ時点で腹は括っていた