中学受験の成功のカギを握るのが、志望校選びです。わが子が6年間過ごす学校ですから、入学後や将来まで見据えて慎重に選びたいもの。志望校選びにはさまざまな視点がありますが、大学合格実績はひとつの指標になります。『カンペキ中学受験2025』(朝日新聞出版)から、首都圏の中高一貫校のさまざまなランキングを紹介します。本稿では、首都圏の学習塾の塾長・教室長が選ぶ「理数教育に力を入れている一貫校」を紹介します。

芝浦工業大柏がランクイン

 各校の特色を首都圏の271学習塾の塾長、教室長にアンケートした。各項目について5校連記で記入してもらい、最初の学校を5ポイント、次を4ポイント……として集計した。

 表10は「理数教育に力を入れている」中高一貫校だ。トップは2023年の調査に引き続き芝浦工業大柏(千葉)。2位は豊島岡女子学園(東京)、3位は東邦大付東邦(千葉)、4位は宝仙学園・理数インター(東京)、5位は芝浦工業大附(東京)と広尾学園(東京)だった。

 芝浦工業大柏はSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の指定を受け、将来活躍できる科学技術人材育成を目指している。理数系教育を重視し探究活動も活発だ。

著者 開く閉じる
大野香代子
大野香代子
NEXTランキングはこちら
1 2