「五輪汚職」アスリートはなぜ沈黙? 元ラグビー日本代表が指摘する「当事者意識の欠如」のワケ

2022/10/01 08:00

 五輪汚職事件が明るみに出る中、選手やスポーツ界は沈黙を貫いている。元ラグビー日本代表で、神戸親和女子大学教授の平尾剛氏は諸問題の原因は選手にもあると言う。「五輪汚職」を特集したAERA 2022年10月3日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「アスリートは気持ちを言葉にすべき」 スポーツ教育学者・平尾剛が望む業界の変革

    「アスリートは気持ちを言葉にすべき」 スポーツ教育学者・平尾剛が望む業界の変革

    AERA

    8/15

    五輪汚職事件を防げなかった背景に組織委の「忖度文化」も 元理事・來田享子氏が指摘

    五輪汚職事件を防げなかった背景に組織委の「忖度文化」も 元理事・來田享子氏が指摘

    AERA

    10/21

  • 史上最も「アンフェア」な五輪に? 予選会中止や出場辞退で失われた公平性

    史上最も「アンフェア」な五輪に? 予選会中止や出場辞退で失われた公平性

    AERA

    6/22

    「箱根駅伝」人気の陰に潜む長距離ランナーの貧血 アスリートが発症しやすい理由とは?

    「箱根駅伝」人気の陰に潜む長距離ランナーの貧血 アスリートが発症しやすい理由とは?

    dot.

    1/2

  • 「ミスターラグビー」平尾誠二、引退後は不完全燃焼だった“キャプテンシー” 

    「ミスターラグビー」平尾誠二、引退後は不完全燃焼だった“キャプテンシー” 

    dot.

    10/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す