大阪・ビル放火事件で二重に傷を負う当事者たち 「精神疾患」への偏見をなくすには

2022/02/11 08:00

 昨年12月の大阪ビル放火殺人事件は、世間に大きな衝撃を与えるとともに、精神疾患に対する中傷も起き、障害を持つ人に二重の傷を残した。身近な理解が、教育が足りていない──。ノンフィクションライター・古川雅子氏が、精神疾患がいまだタブー視される日本の課題を追った。AERA 2022年2月14日号から。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す