札幌市が2030年冬季五輪の招致に名乗り コストは施設改修で圧縮「総額3000億円」に

北京2022

2022/02/06 08:00

 札幌市が2度目の冬季五輪の開催に意欲を示している。早ければ年内にも開催地が決まるとみられ、札幌が本命視されている。市は開催費用を抑えようと既存施設を改修して対応する。AERA 2022年2月7日号から。

あわせて読みたい

  • 「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    週刊朝日

    1/17

    7340億円→3兆円→?円 “したたか”IOC どうなる東京五輪

    7340億円→3兆円→?円 “したたか”IOC どうなる東京五輪

    週刊朝日

    11/10

  • 菅首相、和泉首相補佐官の”肝いり”コロナ感染者用施設が宙に浮き 血税48億円がパー【現場ルポ】

    菅首相、和泉首相補佐官の”肝いり”コロナ感染者用施設が宙に浮き 血税48億円がパー【現場ルポ】

    dot.

    5/9

    大阪カジノでオリックス、MGMと大阪府市が交わした協定書の全文入手「税金負担が790億円以上になる」と地元で懸念   

    大阪カジノでオリックス、MGMと大阪府市が交わした協定書の全文入手「税金負担が790億円以上になる」と地元で懸念   

    dot.

    3/22

  • 「温室効果ガス排出ゼロ」を目指すも自然エネルギーに立ちはだかる「送電線の容量不足問題」「先着優先ルール」 試される政府の本気度

    「温室効果ガス排出ゼロ」を目指すも自然エネルギーに立ちはだかる「送電線の容量不足問題」「先着優先ルール」 試される政府の本気度

    AERA

    1/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す