総書記の“激痩せ”は決意の表れ? 北朝鮮が相次いでミサイルを発射する理由

2021/09/30 08:00

 金正恩朝鮮労働党総書記が権力を継承してから12月で10年が経つ。立て続けにミサイルを発射する北朝鮮は、一体どこに向かっているのか。AERA 2021年10月4日号では、コロナ禍で揺らぐ北朝鮮の政権基盤について考察した。

あわせて読みたい

  • 「実は金王朝の傍流」という金正恩、与正兄妹の出生の秘密 露呈した米国の情報収集能力の低さ

    「実は金王朝の傍流」という金正恩、与正兄妹の出生の秘密 露呈した米国の情報収集能力の低さ

    週刊朝日

    5/7

    なぜ今? 金正恩氏が憎み続けていた父と同じ「総書記」に就任した理由

    なぜ今? 金正恩氏が憎み続けていた父と同じ「総書記」に就任した理由

    AERA

    1/19

  • 北朝鮮ミサイル発射、なぜ南? 正恩氏に垣間見える「弱気」

    北朝鮮ミサイル発射、なぜ南? 正恩氏に垣間見える「弱気」

    週刊朝日

    3/27

    米韓が先制攻撃を仕掛ければ、北朝鮮は1日で壊滅も “軍事マニュアル”判明

    米韓が先制攻撃を仕掛ければ、北朝鮮は1日で壊滅も “軍事マニュアル”判明

    週刊朝日

    1/1

  • 北朝鮮の挑発と米国の圧力 読み間違えで一触即発

    北朝鮮の挑発と米国の圧力 読み間違えで一触即発

    AERA

    4/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す