科学的エビデンスに基づく政策を実施して グローバルダイニング・長谷川耕造社長が新首相に訴え

2021/09/28 08:00

 コロナ禍で大きな打撃を受けた飲食業界。都内を中心に「ラ・ボエム」や「モンスーンカフェ」など複数の飲食店を展開するグローバルダイニングの長谷川耕造社長(71)が、政府のコロナ対策のつたなさについて、思いの丈を語った。

あわせて読みたい

  • 時短命令に反旗の飲食店「狙い撃ちにされた」と都を提訴

    時短命令に反旗の飲食店「狙い撃ちにされた」と都を提訴

    週刊朝日

    3/31

    9月27日発売のAERA巻頭特集は「自民党総裁選 安倍氏の負の遺産を断ち切るのは誰だ」

    9月27日発売のAERA巻頭特集は「自民党総裁選 安倍氏の負の遺産を断ち切るのは誰だ」

    9/24

  • 飲食店だけ「悪者扱い」は正しい対策なのか? 専門家「『急所』とまで言う根拠ない」と疑問符

    飲食店だけ「悪者扱い」は正しい対策なのか? 専門家「『急所』とまで言う根拠ない」と疑問符

    AERA

    1/18

    コロナで突然の解雇「不安で吐きそう」という52歳男性に、鴻上尚史が吐露した苦しい胸の内と「絆と感謝と敬意」では乗り越えられない現状の悲惨さ
    筆者の顔写真

    鴻上尚史

    コロナで突然の解雇「不安で吐きそう」という52歳男性に、鴻上尚史が吐露した苦しい胸の内と「絆と感謝と敬意」では乗り越えられない現状の悲惨さ

    dot.

    5/17

  • コロナ禍でひきこもり本人と家族の関係改善も “疑似体験”で共感、「子どもの心情も同じではないか」

    コロナ禍でひきこもり本人と家族の関係改善も “疑似体験”で共感、「子どもの心情も同じではないか」

    AERA

    10/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す