ヒタチナカリュウの化石「新発見」 きっかけは家族団らんの「スッポン鍋」だった?

ジュニアエラ

2021/05/08 10:00

 恐竜が栄えていた約7200万年前、空には翼竜が飛び交い、陸の川や湖にはスッポンの仲間がいた。この二つの生物をめぐる意外な新発見を紹介しよう! 小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」5月号では、料理をしながら気づいたことが発端となった発見について詳報した。

あわせて読みたい

  • “恐竜化石のたまり場”が日本に! 進化の謎を解くカギとなるか

    “恐竜化石のたまり場”が日本に! 進化の謎を解くカギとなるか

    dot.

    6/10

    高校生が遠足で恐竜の歯の化石を発見 9千万年前のティラノサウルス類だった!

    高校生が遠足で恐竜の歯の化石を発見 9千万年前のティラノサウルス類だった!

    AERA

    7/2

  • 国内2例目! 発見された国内最大の全身骨格「むかわ竜」

    国内2例目! 発見された国内最大の全身骨格「むかわ竜」

    dot.

    7/8

    フクイベナートルとカムイサウルスは貴重な恐竜 全身の7、8割の化石が残り「全身骨格」が見られる

    フクイベナートルとカムイサウルスは貴重な恐竜 全身の7、8割の化石が残り「全身骨格」が見られる

    AERA

    7/29

  • カムイサウルス、デイノケイルス…知られざる恐竜の生態を映像化できた理由

    カムイサウルス、デイノケイルス…知られざる恐竜の生態を映像化できた理由

    AERA

    2/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す