新型コロナ時代の学びスタイル これからのオンライン教育「7つのキーワード」

AERA with Kids

2020/11/06 11:32

 新型コロナウイルスによる休校を機に始まったオンライン教育。教育現場では、試行錯誤をしながら今の時代に合った学びのスタイルや手法を模索してきました。その後、分散登校や対面授業を経て、オンライン教育はどのように活用されているのでしょうか。『AERA with Kids秋号』(朝日新聞出版)では、これまでのオンライン教育の動向や今後の課題について取材しています。

あわせて読みたい

  • 不登校の子は「タブレット貸与」対象外の学校も オンライン授業に参加させない理由

    不登校の子は「タブレット貸与」対象外の学校も オンライン授業に参加させない理由

    AERA

    9/30

    「SNSでのいじめも増えるだろう」と噂も…課題山積の韓国のオンライン授業

    「SNSでのいじめも増えるだろう」と噂も…課題山積の韓国のオンライン授業

    AERA

    4/25

  • 休校中の韓国で家庭教師を雇う富裕層も 「教育格差」の懸念からオンライン教育広がる

    休校中の韓国で家庭教師を雇う富裕層も 「教育格差」の懸念からオンライン教育広がる

    AERA

    4/27

    長期休校で生じる「教育格差」 なぜ日本のICT教育は海外より遅れているのか?

    長期休校で生じる「教育格差」 なぜ日本のICT教育は海外より遅れているのか?

    AERA

    5/11

  • 体育もオンライン 公立高校間でも起きた「教育格差」

    体育もオンライン 公立高校間でも起きた「教育格差」

    週刊朝日

    6/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す