「オリンピックがあると言われたのに……」 特定技能も新型コロナで採用撤回

2020/04/24 09:00

 外国人の新たな在留資格「特定技能」が制度開始から2年目を迎えた。昨年の受け入れ数は想定の1割未満にとどまり、技能実習制度で指摘されていた問題もクリアになっていないという。今年はさらに新型コロナが追い打ちをかける。AERA 2020年4月27日号では、「特定技能」に翻弄される様々な人たちの現状を追った。

あわせて読みたい

  • 「特定技能外国人」が日本に来ないワケ

    「特定技能外国人」が日本に来ないワケ

    週刊朝日

    11/25

    かけ声倒れの「特定技能」 活用低迷に加え中間搾取排除も転職の自由も骨抜き

    かけ声倒れの「特定技能」 活用低迷に加え中間搾取排除も転職の自由も骨抜き

    AERA

    4/24

  • 失踪者も旅行者もウェルカム! 特定技能のなりふり構わぬ条件緩和がもたらすものは?

    失踪者も旅行者もウェルカム! 特定技能のなりふり構わぬ条件緩和がもたらすものは?

    AERA

    2/18

    「もう日本には行けない」海外の若者離れ進む? 新在留資格に課題

    「もう日本には行けない」海外の若者離れ進む? 新在留資格に課題

    AERA

    3/22

  • 「給料500円高ければ皆移動」外国人労働者の新制度に不安の声

    「給料500円高ければ皆移動」外国人労働者の新制度に不安の声

    AERA

    12/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す