「防護具不足にマスク1枚を数日使用」 医療現場の窮状と緊急事態宣言への期待

新型コロナウイルス

2020/04/14 08:00

 国内で新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。医療資源や人員の不足にあえぐ医療現場からは悲痛な声があがっている。AERA 2020年4月20日号から。

あわせて読みたい

  • 「冬には医療崩壊が起きる」 現場の医師が危惧する重症者が「たらい回し」になる日

    「冬には医療崩壊が起きる」 現場の医師が危惧する重症者が「たらい回し」になる日

    AERA

    8/19

    効率化が進んだ病院ほど非常時に危機 新型コロナで浮き彫りになった問題

    効率化が進んだ病院ほど非常時に危機 新型コロナで浮き彫りになった問題

    AERA

    5/26

  • 5月末宣言解除で「五輪は5波の最中」も 都医師会長が指摘する「開催は絶望的」の可能性

    5月末宣言解除で「五輪は5波の最中」も 都医師会長が指摘する「開催は絶望的」の可能性

    AERA

    5/19

    山尾志桜里氏が激白「今やるべきことは軽症者”待機”のための法整備」

    山尾志桜里氏が激白「今やるべきことは軽症者”待機”のための法整備」

    週刊朝日

    4/9

  • 舛添要一・前都知事、東京封鎖「今やる状況ではない」 宣言には「3つのデータ必須」と主張

    舛添要一・前都知事、東京封鎖「今やる状況ではない」 宣言には「3つのデータ必須」と主張

    AERA

    4/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す