【ペットの防災】避難所に入れなくてもあきらめない 同行避難と命を守る仕組みづくり

ねこ

2020/03/16 11:30

 2011年の東日本大震災では多くのペットが現場に取り残され、飼い主の元に戻れなかった。以後対策が進んだが、災害時は不測の事態も起こる。16年の熊本地震や18年の西日本豪雨ではペット可と発表された避難所でも、受け入れ不可になったケースもあった。AERA臨時増刊「NyAERA2020」から。

あわせて読みたい

  • 豪雨災害でペットはどうする? 全国初と言われたペット同伴避難所の実態とは

    豪雨災害でペットはどうする? 全国初と言われたペット同伴避難所の実態とは

    dot.

    7/3

    【ペットの防災】災害時、究極の「飼い主力」が愛犬・愛猫の命を守る

    【ペットの防災】災害時、究極の「飼い主力」が愛犬・愛猫の命を守る

    AERA

    3/17

  • 【ペットの防災】車中泊や軒先避難のストレス減らす「ペット用トレーラーハウス」とは

    【ペットの防災】車中泊や軒先避難のストレス減らす「ペット用トレーラーハウス」とは

    AERA

    3/18

    「大切なペットと避難するためにまずやるべきこと」 防災士で獣医師の提言

    「大切なペットと避難するためにまずやるべきこと」 防災士で獣医師の提言

    dot.

    7/12

  •  大地震時にペットを守るため、飼い主が絶対に行うべき「7つの備え」とは

    大地震時にペットを守るため、飼い主が絶対に行うべき「7つの備え」とは

    ダイヤモンド・オンライン

    3/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す