国語はすべて「ア」と回答せよと指導も…外国籍生徒、受験に日本語の壁

2020/03/07 17:00

 中国、ネパール、フィリピンなど、多国籍の生徒が学ぶ日本語指導の現場。日本語指導が必要な生徒に支援が行き届いていない実態が問題視されている。AERA 2020年3月9日号では、日本語指導が必要な児童の進学の実態について調査した。

あわせて読みたい

  • 15歳以上には公的に日本語を学ぶ場すらない…在日外国人生徒への脆弱な支援体制

    15歳以上には公的に日本語を学ぶ場すらない…在日外国人生徒への脆弱な支援体制

    AERA

    3/6

    教育困難校で急増する「外国にルーツを持つ高校生」 生徒が直面するアイデンティティの惑い

    教育困難校で急増する「外国にルーツを持つ高校生」 生徒が直面するアイデンティティの惑い

    dot.

    7/22

  • 小島慶子「外国籍の子どもたちに国を挙げて語学支援を」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「外国籍の子どもたちに国を挙げて語学支援を」

    AERA

    10/12

    公立小中でも進む国際化 工場街の小学校の看板は5カ国語表示

    公立小中でも進む国際化 工場街の小学校の看板は5カ国語表示

    AERA

    8/20

  • 中国系学校 儒教の教えで「いじめ」なし?

    中国系学校 儒教の教えで「いじめ」なし?

    AERA

    7/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す