新型肺炎「致死率低下」を専門家が指摘 感染力は高いのに一体なぜ?

新型コロナウイルス

2020/02/12 08:00

 世界中で感染が拡大する新型コロナウイルス。増殖する過程で性質が変わり、より症状が重くなり、致死率が高まる恐れもある。だが、今回のウイルスではその可能性は低い見方も出ている。一体なぜのか。AERA2020年2月17日号では、ウイルスの性質について解説する。

あわせて読みたい

  • ワクチン効かなくなる可能性も…ゲノム医療の第一人者が警鐘を鳴らす「コロナ強毒化」

    ワクチン効かなくなる可能性も…ゲノム医療の第一人者が警鐘を鳴らす「コロナ強毒化」

    週刊朝日

    6/2

    新型コロナウイルスをどのぐらい恐れるべきなのか 「病原性」「感染力」への専門家の回答は…

    新型コロナウイルスをどのぐらい恐れるべきなのか 「病原性」「感染力」への専門家の回答は…

    AERA

    2/4

  • 「D614G」変異で感染力が増大 新型コロナの変異はワクチンの効き目に影響するか

    「D614G」変異で感染力が増大 新型コロナの変異はワクチンの効き目に影響するか

    AERA

    8/26

    東京五輪で「変異ウイルス」持ち込まれたらどうなる? 「恐れなくていい」専門家が指摘する理由

    東京五輪で「変異ウイルス」持ち込まれたらどうなる? 「恐れなくていい」専門家が指摘する理由

    AERA

    11/29

  • 致死率35%! SARSより怖い「MERS」ウイルス日本上陸寸前

    致死率35%! SARSより怖い「MERS」ウイルス日本上陸寸前

    週刊朝日

    7/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す