HDD転売事件があった今こそチェックしたい! PCやスマホ「データ消去」の方法 (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

HDD転売事件があった今こそチェックしたい! PCやスマホ「データ消去」の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
西田宗千佳AERA
ビックカメラグループのサービスサポートカウンターがある店舗では、有料でハードディスクなどを壊すサービスを行っている。専用機器で穴を開け、わずか数十秒で破壊される(写真/編集部・井上和典)

ビックカメラグループのサービスサポートカウンターがある店舗では、有料でハードディスクなどを壊すサービスを行っている。専用機器で穴を開け、わずか数十秒で破壊される(写真/編集部・井上和典)

機器に入れてほんの数十秒で破壊完了。ドリルで4箇所の穴が開いているのがわかる。目の前で作業してくれるので安心感もある(写真/編集部・井上和典)

機器に入れてほんの数十秒で破壊完了。ドリルで4箇所の穴が開いているのがわかる。目の前で作業してくれるので安心感もある(写真/編集部・井上和典)

 ただ、いまはデータ消去ソフトを使うよりも簡単に、トータルでのセキュリティー対策を向上させる方法がある。ハードディスクなどのストレージを「暗号化する」ことだ。

 現在のパソコンやスマホは、ストレージ全体を「完全に暗号化して書き込む」機能を持っているものが多い。ここで使われている暗号は強固なもので、機器へのログインパスワードや「暗号化キー」がないと、現実的には中身を見ることができない。機器を利用する人はあまり意識する必要がないが、パスワードを知らなかったり、顔認証・指紋認証などをパスできなかったりする場合では、データへのアクセスができない。再利用するには「再初期化」するしかなく、再初期化された後にも、一度暗号化されているので、データを取り出すのが難しい。ストレージ全体の暗号化をしておき、さらに処分時に初期化をすれば、データを取り出される可能性が劇的に小さくなる。個人レベルなら、これでほぼ安心といえる。

 実は、iPhoneは自動で暗号化されているし、アンドロイドも、日本で流通する比較的性能の高い機種の場合、ほとんどが標準で暗号化を採用している。そのため、フォーマット後のデータ取り出しは難しい場合が多い。

 ただ、すべての機器が出荷時から暗号化を利用しているわけではない。特にパソコンの場合、設定時に「暗号化する」ことを選ぶ必要があるし、すべてのパソコンで暗号化が最初からオンになっているわけではない。こうした設定を確認したことがない人がほとんどのはずで、特に家庭向けでは、オフで使われている例も多いのではないか。

 トラブル時にファイルの取り出しが難しくなることから、「暗号化はすべきではない」と指南する人もいるようだが、セキュリティーを考えると、いまは「オン」にしておくべきだろう。ただ、その設定がわかりづらく、不安感を覚える人もいるかもしれない。暗号化をしていても、手間を省くために「自動ログイン」などを使っていては意味がないし、どちらにしろ、手放す時には「初期化」すべきであることに変わりはない。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい