イヌは人に共感できる! 科学的実験が証明した

ジュニアエラ

2019/12/07 07:00

 一方、イヌは飼い主だけしか見えず、指示を出す側の人間の様子などは伝わらない状態にして、心拍を測定した。もしもイヌの心拍に変化が現れたとしたら、それは飼い主の様子の変化に同調(共感)したからといえるわけだ。この実験をイヌと飼い主のペア13組で行い、前述の解析法で比べたところ、イヌと飼い主が同じような変化を見せた。つまり、緊張やリラックスといった飼い主の気持ちの変化が、イヌにも伝わっているのだ。これによって、イヌが人に共感する能力を持つことを科学的に証明することができたと研究チームは考えている。

 また、今回の実験から、飼育期間が長いほど、人とイヌの心拍の変化が同調しやすいこともわかった。飼い主と一緒に暮らす期間が長いほど、イヌは人に共感しやすくなるというわけだ。

 チンパンジーは、訓練すると簡単な計算ができるようになるし、オウムは人の言葉を覚えてまねすることができる。イヌにはそういうことはできないけれど、人の気持ちを読み取り、人と共感する能力では、ほかのどの動物にも負けないだろうと菊水教授は言う。

「盲導犬は、目の不自由な人の気持ちを読み取って、その人が不安を感じないように道案内をします。セラピー犬は、病気と闘っている人に寄り添って苦しみを癒やし、励ましてくれます。私たちは、人に共感するイヌにどれだけ助けられているかわかりません。イヌは飼い主の気持ちの変化を瞬時に読み取り、そのときどういう行動をとったら適切かを自分で学ぶ能力をもっているのです」

 もともとイヌは、助け合って狩りをしていたから、仲間同士で共感する能力が高かった。そんなイヌが、約1万5千年前から人に飼われ、一緒に暮らすようになった。飼い主が外敵に襲われそうなとき、いちはやく危険を察知し、自分の危機のように感じられるイヌは、生き残る可能性が高く、人に飼われやすくもなる。こうした積み重ねから、共感する能力の高いイヌが生き残り、今のような状態になったと考えられるという。

 もしキミがイヌを飼っていたら、愛犬がどのくらい共感してくれているか、キミなりの方法で観察してみると面白いかもしれないね!

(サイエンスライター・上浪春海)

※月刊ジュニアエラ 2019年12月号より

ジュニアエラ 2019年 12月 増大号 [雑誌]

朝日新聞出版

amazon
ジュニアエラ 2019年 12月 増大号 [雑誌]
1 2

あわせて読みたい

  • 仕事効率化の秘訣はペットにあり!? 犬と人との意外な関係性
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    仕事効率化の秘訣はペットにあり!? 犬と人との意外な関係性

    dot.

    4/24

    ネコが『イヌ化』するって本当? 増加する“犬っぽい猫”の真相

    ネコが『イヌ化』するって本当? 増加する“犬っぽい猫”の真相

    AERA

    6/19

  • 文化が失われつつあるアイヌ アメリカの先住民族と決定的に違う点とは

    文化が失われつつあるアイヌ アメリカの先住民族と決定的に違う点とは

    東大新聞オンライン

    1/12

    冷え性にはお灸を、ネコにも東洋医学の時代

    冷え性にはお灸を、ネコにも東洋医学の時代

    AERA

    1/28

  • “アイヌ展”に老若男女が殺到する深いワケ 東京・日本民藝館で80年ぶりの大規模展覧会

    “アイヌ展”に老若男女が殺到する深いワケ 東京・日本民藝館で80年ぶりの大規模展覧会

    AERA

    11/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す