高校生が遠足で恐竜の歯の化石を発見 9千万年前のティラノサウルス類だった!

ジュニアエラ

2019/07/02 08:00

 岩手県久慈市の約9千万年前の地層で、高校生が恐竜の歯の化石を見つけた!その化石は、ティラノサウルス類の歯であることが、このほど発表された。化石はどのようにして見つかり、この発見から何がわかるのだろうか。小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」7月号の人気連載「サイエンスジュニアエラ」から紹介する。

あわせて読みたい

  • “恐竜化石のたまり場”が日本に! 進化の謎を解くカギとなるか

    “恐竜化石のたまり場”が日本に! 進化の謎を解くカギとなるか

    dot.

    6/10

    日本最大級の「福井県立恐竜博物館」も大人気! 知られざる恐竜の世界へGO!

    日本最大級の「福井県立恐竜博物館」も大人気! 知られざる恐竜の世界へGO!

    tenki.jp

    4/17

  • フクイベナートルとカムイサウルスは貴重な恐竜 全身の7、8割の化石が残り「全身骨格」が見られる

    フクイベナートルとカムイサウルスは貴重な恐竜 全身の7、8割の化石が残り「全身骨格」が見られる

    AERA

    7/29

    琥珀の中に恐竜の尾を発見! 進化の秘密に迫る

    琥珀の中に恐竜の尾を発見! 進化の秘密に迫る

    dot.

    3/18

  • 恐竜の卵の温め方には3つのタイプがあった! 分布にも影響か?

    恐竜の卵の温め方には3つのタイプがあった! 分布にも影響か?

    AERA

    7/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す