島での「あったらいいな」を小学6年生がプログラミングで実現? 離島の教育 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

島での「あったらいいな」を小学6年生がプログラミングで実現? 離島の教育

連載「61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記」

このエントリーをはてなブックマークに追加
福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

三宅島へは調布飛行場から新日本航空の小型機で。1日3便ほど出ているので、意外とアクセスはいい

三宅島へは調布飛行場から新日本航空の小型機で。1日3便ほど出ているので、意外とアクセスはいい

 61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。今回は、三宅島にある唯一の小学校、「三宅小学校」でのプログラミング研修の後半をご紹介します。

*  *  *
 今回も、東京都プログラミング教育推進校である、東京都心から南に約200キロに位置する三宅小学校の実践的な取り組みを紹介したい。

 三宅小学校には、昨年、2018(平成30)年に5回訪問した。今回は、より先生方の機運が高まった後半の訪問について紹介したい。

 3回目の訪問となった昨年2学期の実践研究は、6年生の総合の時間に割り当てられた。ここでは、小規模校ならではの他学年にまたがる実践授業が展開された。

 まず、2年生の国語の授業で、「島の生活で、こんなものがあったらいいな」というものを挙げてもらう。

 そんな2年生の夢(ある意味、身近な課題)を受けて、6年生がプログラミングを通して実現(課題解決)するという、文字通り、身近な課題解決の実践的な授業である。

 すでに、三宅小学校の6年生は、広く活用されているプログラミング教材「スクラッチ」のほか、ロボッティックス教材の「MESH(メッシュ)」「レゴ(R)Wedo 2.0」「micro:bit(マイクロビット)」なども経験している。ゆえに、グループ活動でも、「2年生のこの課題解決には、このツールが適している」と判断し、試行錯誤していく様子が見られた。タブレット操作も慣れていて、意図したイメージを簡単にプログラミングによってロボットに実装させて試行している姿は、まさに学習指導要領で提唱されている「学びに向かう」姿である。

 6年生が考えた例を紹介する。

・2年生の夢「朝、決まった時間に起こしてくれるロボット」に対して
→ロボットの手の動作を、グループ内で相談している。「2秒では短いね。タイマーを変えて5秒ぐらいにして、起きるまでの繰り返した方がいいかな」と、動作を時間という数値に変換している。また「起きるまで」動きを続けるためには、何回ぐらい繰り返した方がよいか、意見交換も。子供達は2年生の思いを誠実に実現させようと取り組んでいるが、実は自身の思考過程を磨いている授業展開だ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい