格差克服に小さな芽 「政治主義の幻想」打ち破る労働運動の意義

2019/04/09 17:00

 平成という時代は、バブル景気など好景気に沸いた「金ピカの時代」でありながら、「一億総中流」から「格差社会」へ転換し「貧困」が露呈した時代でもあった。そこに希望はあるのか。ジャーナリスト・竹信三恵子氏がリポートする。

あわせて読みたい

  • 「格差」の視点で平成を振り返る 転換点はどこだったのか

    「格差」の視点で平成を振り返る 転換点はどこだったのか

    AERA

    4/9

    格差を放置するとどうなるか 「新カースト社会」のリスクとは?

    格差を放置するとどうなるか 「新カースト社会」のリスクとは?

    週刊朝日

    7/12

  • 3月号ジャーナリスト・和光大教授 竹信三恵子 Takenobu Miekoブラック労働の横行――底辺への競争が始まった

    3月号ジャーナリスト・和光大教授 竹信三恵子 Takenobu Miekoブラック労働の横行――底辺への競争が始まった

    3/15

    あなたはどの階級? 「格差社会」から「階級社会」に落ちる日本

    あなたはどの階級? 「格差社会」から「階級社会」に落ちる日本

    週刊朝日

    7/12

  • 炎上して終了した「家事ハラ」CM その内容は

    炎上して終了した「家事ハラ」CM その内容は

    AERA

    8/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す