Kis-My-Ft2 新番組スタートで明石家さんまを目指す? (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Kis-My-Ft2 新番組スタートで明石家さんまを目指す?

このエントリーをはてなブックマークに追加
大道絵里子AERA

※写真はイメージです(写真:gettyimages)

※写真はイメージです(写真:gettyimages)

 Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)初となる配信冠番組「キスマイどきどきーん!」がスタートした。共演者は動きが予測できない子どもたち。果たして、どんな番組なのか。

【写真】クールな眼差しのKis-My-Ft2がAERAの表紙を飾った

*  *  *
──子どもたちと共演してみて、今の子ってこうなんだ、という驚きはありました?

北山宏光:今の子だなと感じたのは、「キスマイのあの番組見たよ」って言われるのがYouTubeだったりするんですよ。

二階堂高嗣:テレビじゃなくて、ネットなんだ。それだといつでも見られますからね。

千賀健永:でも俺、「キスマイ知ってる?」って聞くと、毎回「知らない」って言われる。

北山:番組に出る子なのに(笑)。

玉森裕太:素直だよね。でも、自分たちのころと比べたらすごくおませさんじゃない?

横尾渉:特に女の子。男の子は「知らねー」とか、思ったことを言うだけだけど、女の子は僕たちとか周りの大人に気を使ってくれますからね。

藤ヶ谷太輔:共演する子たちは小学校高学年になるか、ならないかくらいだと思うけど、やっぱり女の子は成長が早いと思う。

宮田俊哉:ガヤさん(藤ヶ谷)にめっちゃ恋してる女の子いたよね。チラチラ見てるから「ガヤさんのこと好きなの?」って聞いたら「え~」って友達のうしろに隠れちゃう。

藤ヶ谷:顔、真っ赤にしてね。

宮田:かわいいからずっとからかってた。「ガヤさん好きでしょ」「やめてよー」って。

藤ヶ谷:「やめてよ」って言うわりに、休憩中、俺の膝の上に座ってくるんですよ。「どうしたの」って話しかけても「別に何でもないよ?」とか言っておすましして。かわいかった。

──実際に子どもたちとロケや収録をする中で、印象に残った出来事はありますか?

玉森:僕はファーストデートをプロデュースするロケをやったんですけど、最初に僕たちと会って作戦を考えるときと、デートが終わったあとでは、子どもの顔つきが変わるんですよ。どんどんいい顔になる。短期間ですごく成長して……好きな子に何かしてあげたくて一生懸命リードする姿とか、本当にこの子のことが好きなんだろうなぁって伝わる表情とか、いいものを見せてもらったなぁって感動しちゃいました。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい