BIGBANGのV.IがMCに不安?「30分は、タモリさんでも無理だよね?」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

BIGBANGのV.IがMCに不安?「30分は、タモリさんでも無理だよね?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
大川恵実AERA

 人気K-POPグループ「BIGBANG」のV.IがAERAの表紙に登場。メンバーとの関係性や、超多忙だった当時のことを明かした。

机に並べられた「AERA」の中から1冊を手に取ると、V.Iはニヤッと笑った。

「なつかしいね~。覚えてますよ」

 2012年6月25日号。鋲のついたレザージャケットを着た派手な男性5人が表紙を飾る。BIGBANGだ。

「この頃は、目を覚ましたら『仕事、仕事』という感じで、あれもやりたい、これもやりたいと、とにかく急いでいた。今は落ち着きましたけど」

 G-DRAGON、T.O.P、SOL、D-LITE、V.Iで構成されたBIGBANGは、2006年に韓国でデビューすると、あっという間に日本でも大ブレーク。日本メジャーデビュー後にリリースしたCDの多くがオリコン・ウィークリーチャートのトップ10に入るだけでなく、5年連続日本ドームツアーを開催。これは海外アーティストでは日本史上初のことだ。それぞれに個性が強いメンバーの中でもV.Iは「いじられキャラ」として、得意の日本語を生かし、ライブではMCを担当する。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい