東浩紀「お笑いがどこまで社会を『気にする』べきなのか」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東浩紀「お笑いがどこまで社会を『気にする』べきなのか」

連載「eyes 東浩紀」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東浩紀AERA#東浩紀

東浩紀(あずま・ひろき)/1971年、東京都生まれ。批評家・作家。株式会社ゲンロン代表。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。93年に批評家としてデビュー、東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『一般意志2・0』『観光客の哲学』など多数

東浩紀(あずま・ひろき)/1971年、東京都生まれ。批評家・作家。株式会社ゲンロン代表。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。93年に批評家としてデビュー、東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『一般意志2・0』『観光客の哲学』など多数

お笑いがどこまで社会を「気にする」べきなのか(※写真はイメージ)

お笑いがどこまで社会を「気にする」べきなのか(※写真はイメージ)

 批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。

*  *  *
 新年早々、ネットでテレビ批判が吹き荒れている。昨年大みそかの番組で、差別表現や暴力行為があったというのだ。

 問題とされたのは日本テレビ系で放映された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しSP(スペシャル)!」。批判の対象となっているのは、番組内で浜田雅功が黒人俳優に扮して顔を黒塗りにしたこと、およびタレントのベッキーが「不倫騒動の禊(みそぎ)」との名目で尻を蹴られる演出があったことの2点である。

 黒人以外が顔を黒塗りにして黒人を模倣することは、欧米では「ブラックフェイス」と呼ばれ差別表現とされる。国際的には許されない。実際、同演出には日本在住の黒人作家がツイートで不快感を表明したほか、海外メディアも取り上げる大きな騒ぎとなった。他方ベッキーへのキックのほうは、少なからぬ視聴者に「いじめ」を連想させたようだ。ベッキー自身が暴力演出を肯定したことも、炎上に油を注いでいる。

 両者の問題は性質がまったく異なっている。けれども、激しい批判が現れる一方、「気にしすぎ」との理屈で、古いタイプの視聴者から番組擁護が行われる構図は共通している。

 騒動を俯瞰(ふかん)して思うのは、お笑いがどこまで社会を「気にする」べきなのか、その範囲こそが意見の割れる点になっているということである。お笑いなんだから多少の逸脱はありと考えるひともいれば、お笑いだって反社会的であってはならないと考えるひともいる。どちらが正しいか、答えを出すのは容易ではない。

 それでも言えるのは、今後は芸人や番組制作者が、そのような「気にしすぎ」な批判にも真摯(しんし)に向き合う必要があるということである。そもそもいまや、芸人は社会常識の外部を気取ることのできる立場にない。芸人が純文学を書いて芥川賞をとり、論壇番組で憲法論を語り、首相と会食をする時代である。

 であれば、お笑い番組に高い水準の社会的配慮を求める視聴者が現れるのも、当然のことである。それはもしかしたら、芸人が望んだ世界ではないのかもしれない。しかしそれは、芸人が「偉く」なったことの代償なのだ。

AERA 2018年1月22日号


トップにもどる AERA記事一覧

東浩紀

東浩紀(あずま・ひろき)/1971年、東京都生まれ。批評家・作家。株式会社ゲンロン代表。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。93年に批評家としてデビュー、東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『一般意志2・0』『観光客の哲学』など多数

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい