売りたいのは「殺し」 現役書店員が脱帽した「マーケティング本」とは?

読書

2017/12/24 16:00

 営業や広告、PRできない「殺し」は、世の中で最も売ることが難しい。三省堂書店・新井見枝香さんがおすすめする三浦崇典の著書『殺し屋のマーケティング』は、そんな「殺し」をどう売るかを題材にした、書店経営で培ったノウハウが詰まった一冊だ。

あわせて読みたい

  • 1坪2品で3億円! 40年間行列が途絶えないあの名店の秘密

    1坪2品で3億円! 40年間行列が途絶えないあの名店の秘密

    ダイヤモンド・オンライン

    12/26

    善き書店員

    善き書店員

    1/17

  • 本屋という「物語」を終わらせるわけにはいかない

    本屋という「物語」を終わらせるわけにはいかない

    週刊朝日

    7/18

    【本屋大賞2018】辻村深月さん『かがみの孤城』に決定!

    【本屋大賞2018】辻村深月さん『かがみの孤城』に決定!

    BOOKSTAND

    4/10

  • 売り場の声を制作段階から反映 書店員が選ぶ「本にしたい大賞」の挑戦

    売り場の声を制作段階から反映 書店員が選ぶ「本にしたい大賞」の挑戦

    BOOKSTAND

    11/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す