私服に金髪OK、著名な卒業生がデザイン…進化する学校制服の今

教育

2017/11/04 11:30

 隣の芝生は青く見えてしまうもの。学生時代、通学路で出会う他校のお洒落なブレザーやセーラー服、自由な私服姿に憧れを抱いた経験がある人は少なくないはずだ。菅公学生服学生工学研究所の原田季典部長によると、現在私服の高校は全体の2%程度で、1970年代に起きた制服自由化の名残という。地域は東京、長野、北海道が中心。最近は制服の人気が高まる傾向にあり、首都圏を中心に再制服化を進める学校もあるとか。この動きについて原田部長は「高校生であるというアイコン=制服という認識が強くなっていることや、保守的な若者の増加が要因の一つでは」と分析する。

あわせて読みたい

  • 都立高「制服化」の波に懸念の声 「大人が若者を思考停止させている」

    都立高「制服化」の波に懸念の声 「大人が若者を思考停止させている」

    AERA

    5/1

    地方名門公立高校の生徒が私服通学する理由 札幌南、秋田、水戸一、長岡、長野、松本深志

    地方名門公立高校の生徒が私服通学する理由 札幌南、秋田、水戸一、長岡、長野、松本深志

    dot.

    5/4

  • 11月号教育ジャーナリスト 小林哲夫 Kobayashi Tetsuo学校制服の役割、性格は大きく変わった

    11月号教育ジャーナリスト 小林哲夫 Kobayashi Tetsuo学校制服の役割、性格は大きく変わった

    11/2

    制服に「選択の自由」を! コロナが変えた学校生活の“先入観”

    制服に「選択の自由」を! コロナが変えた学校生活の“先入観”

    AERA

    3/14

  • 恵泉女学園、日本女子大附属、立教女学院 名門女子校に「制服がない」理由は 

    恵泉女学園、日本女子大附属、立教女学院 名門女子校に「制服がない」理由は 

    dot.

    5/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す