「◯◯していなければノーベル賞はなかった」大村教授が愛したスポーツ

2017/10/14 16:00

 微生物からアフリカや中南米に蔓延(まんえん)する寄生虫の薬「イベルメクチン」を開発しノーベル医学生理学賞を受賞した大村智・北里大学特別栄誉教授。夜間高校の教師から研究者になった異色の経歴を持つ。野口英世にも並ぶ偉業を成し遂げた。そんな大村教授、幼いころから優秀だったかと思いきや、意外にも中学生以降は「大変な成績だった」と明かす。

あわせて読みたい

  • 「一人でもビル・ゲイツが生まれれば」ノーベル賞受賞・大村教授の思い

    「一人でもビル・ゲイツが生まれれば」ノーベル賞受賞・大村教授の思い

    AERA

    1/13

    ノーベル賞・大村教授80歳 健康の秘訣は「昼寝」

    ノーベル賞・大村教授80歳 健康の秘訣は「昼寝」

    週刊朝日

    12/25

  • 研究所再建、特許収入250億円 ノーベル賞・大村教授の経営手腕

    研究所再建、特許収入250億円 ノーベル賞・大村教授の経営手腕

    週刊朝日

    10/15

    ノーベル賞の大村智さんは元定時制高校の先生

    ノーベル賞の大村智さんは元定時制高校の先生

    dot.

    10/5

  • 特効薬は「土壌の菌」から ノーベル賞・大村智教授が魅せられた「菌力」

    特効薬は「土壌の菌」から ノーベル賞・大村智教授が魅せられた「菌力」

    AERA

    1/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す