自動作曲AIソフトの著作権は誰のものに?

2017/09/04 07:00

 何やら聴き慣れぬ音色が近づいてくる。奏者の姿は見えない。正体は、新たな展開をみせているAI(人工知能)。人間と協調して演奏し、わずか数十秒で作曲もするとか。AERA 9月4日号ではAI時代の音楽を見通すアーティストや動きを大特集。人間と音楽、そしてAIのトリオが奏でる曲とは、一体何か――。

あわせて読みたい

  • 人工知能が音楽をつくる時代がきた! 作詞・作曲・歌唱AIの実力とは?

    人工知能が音楽をつくる時代がきた! 作詞・作曲・歌唱AIの実力とは?

    東大新聞オンライン

    9/11

    ディープフェイク問題の今後 パロディや風刺、二次創作への影響は?

    ディープフェイク問題の今後 パロディや風刺、二次創作への影響は?

    dot.

    10/15

  • TPP交渉 被害額4兆円の海賊版対策に無関心な自民党

    TPP交渉 被害額4兆円の海賊版対策に無関心な自民党

    週刊朝日

    4/18

    ウワサのAI作曲の実力やいかに 記者がやってみたら…

    ウワサのAI作曲の実力やいかに 記者がやってみたら…

    AERA

    9/2

  • 上海ディズニー開園で「コピー大国・中国」は変われるか?

    上海ディズニー開園で「コピー大国・中国」は変われるか?

    ダイヤモンド・オンライン

    6/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す