米国抜きに語れない日本の防衛政策 脱米「自主防衛」の現実味はあるのか?

2016/12/11 11:30

 中国、トランプ、北朝鮮、日本を取り巻く環境がきな臭くなっている。専守防衛に徹し、海外に展開できる装備は持たない自衛隊。安保法とトランプ大統領の誕生で、どう変わろうとしているのか。AERA 12月12日号では「自衛隊 コストと実力」を大特集。最新兵器から出世レース、ミリメシまでいまの自衛隊に密着している。

あわせて読みたい

  • 勇ましい敵基地攻撃論だが、攻撃目標がわからない

    勇ましい敵基地攻撃論だが、攻撃目標がわからない

    AERA

    3/14

    自民がこだわる「敵基地攻撃能力」が招く未来 自衛隊が中東などで攻撃に本格参加の恐れ

    自民がこだわる「敵基地攻撃能力」が招く未来 自衛隊が中東などで攻撃に本格参加の恐れ

    AERA

    7/30

  • 元防衛相・石破茂が懸念する日米同盟「『自主防衛』は非現実的な議論だ」

    元防衛相・石破茂が懸念する日米同盟「『自主防衛』は非現実的な議論だ」

    AERA

    12/12

    航空・海上・陸上自衛隊 現在の装備と実力

    航空・海上・陸上自衛隊 現在の装備と実力

    AERA

    12/7

  • 古賀茂明「北朝鮮、シリア 日本の危機が安倍総理のチャンスになる不可思議」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「北朝鮮、シリア 日本の危機が安倍総理のチャンスになる不可思議」

    dot.

    4/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す