“立派なおじいちゃん”は沖縄戦で自決した司令官だった

沖縄問題

2016/06/23 16:00

 運命に手繰り寄せられるように沖縄戦と向き合ってきた人がいる。東京都在住の小学校教諭、牛島貞満さん(62)だ。日本陸軍第32軍(沖縄守備軍)の牛島満司令官の孫として、沖縄戦の実相を探り、後世に語り継ぐ責務を自身に課している。

あわせて読みたい

  • 首里城再建で注目される日本軍の地下遺構とは? 保存・公開へ「司令官の孫」が思い語る

    首里城再建で注目される日本軍の地下遺構とは? 保存・公開へ「司令官の孫」が思い語る

    AERA

    1/9

    「捨て石の捨て石」沖縄戦で招集された少年ゲリラ兵「護郷隊」の真実

    「捨て石の捨て石」沖縄戦で招集された少年ゲリラ兵「護郷隊」の真実

    AERA

    6/30

  • 沖縄「慰霊の日」 闇夜に参拝する自衛官と、戦没者の遺骨の軽さに感じる“分断”

    沖縄「慰霊の日」 闇夜に参拝する自衛官と、戦没者の遺骨の軽さに感じる“分断”

    dot.

    6/21

    「本土メディアはなぜ伝えないのか」 渋谷の喧騒にかき消された沖縄の「静かな抗議」

    「本土メディアはなぜ伝えないのか」 渋谷の喧騒にかき消された沖縄の「静かな抗議」

    AERA

    3/6

  • コロナ禍でも「辺野古」工事着々でさらなる犠牲 沖縄戦から75年

    コロナ禍でも「辺野古」工事着々でさらなる犠牲 沖縄戦から75年

    AERA

    6/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す