乗り越えられる?女性管理職の孤独と葛藤 少数派が抱える生きづらさ (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

乗り越えられる?女性管理職の孤独と葛藤 少数派が抱える生きづらさ

このエントリーをはてなブックマークに追加
編集部・齋藤麻紀子AERA#働く女性

日本の管理的職業従事者に占める女性の割合は11.3%(2014年)。約4割を占めるアメリカ、フランスなどと比べると極めて低い(モデル/向衣琴、撮影/写真部・松永卓也)

日本の管理的職業従事者に占める女性の割合は11.3%(2014年)。約4割を占めるアメリカ、フランスなどと比べると極めて低い(モデル/向衣琴、撮影/写真部・松永卓也)

女子の人間関係

水島広子著

978-4801400023

amazonamazon.co.jp

いまだ少数派の女性管理職。横並びの会社の中では「突出」した存在だ。だからこそ、自分も周囲も「遠慮」する。女性管理職たちはどう孤独を乗り切ればいいのか。(編集部・齋藤麻紀子)

 息苦しい。もっと、のびのび仕事がしたい。

 製薬会社でMRをしていた女性(35)は営業所長になった2年前、八方ふさがりな感覚に見舞われた。社内では、結婚や出産で営業の一線を退く女性が多い。営業の現場で、女性管理職のモデルになることを期待され、男性社員より10年も早く昇格した。

 MR時代は、何度も「全社1位」の成績を残した名プレーヤーだった。ポリシーは「押すより引け」。取引先の医師たちの表情の変化すら見逃さず、必要な情報を提供した。一度取引を始めたら簡単には覆らないほど、盤石な関係を築き続けた。

 だが所長になった途端、営業所の売り上げは一気に落ちた。MR時代の「引き」の姿勢が、所長の立場では生きなかった。

 部下は全員男性。気を使って明確に指示することができない。卸業者など外部の人との交渉も必要だったが、遠慮してしまう。とうとうアポイントすら取れなくなり、商談には元上司に同行してもらうこともあった。

「このままでは、後輩の女性たちの道をつぶすことになる」

 その気負いが逆にメンバーとの関係を悪化させた。

「所長はグチを漏らしてはいけない」「ネガティブな情報はストレートに伝えないほうがいい」など、自分で作った所長像に追い込まれ、とうとう営業所の成績は全国最下位になった。

「当時は、誰とも本音で話せなかった。とにかく孤独でした」

●優等生キャラが裏目

 上に立つほど孤独になる──。なぜなら、重要な意思決定を任されるものの、腹を割って相談できる相手は減っていくからだ。ただ女性の場合、特に孤独を感じやすいと、『女子の人間関係』などの著書をもつ精神科医の水島広子さんは指摘する。

「管理職になる女性には、学生時代から成績が良く、仕事でもかゆいところに手が届く優等生キャラが多い。上司の仕事をサポートすることで評価されてきたが、そのキャラのままでは人を率いることができず、孤独になるのです」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい