記者も唖然「記事を書く人工知能」が登場 腕前は

2015/06/12 16:00

 米国では今、AIが活躍する場が増えている。たとえば、音声を認識して、スマートフォンに問いかければ答えてくれるアップルの「Siri」、グーグルの「OKグーグル」、マイクロソフトの「コルタナ」などがある。アマゾンは家庭内に置く円柱形のデバイス「アマゾン・エコー」を発売。話しかけると音楽を流したり、買い物リストを作ったりしてくれる。

あわせて読みたい

  • アマゾンは5年後、何をどこまで支配しているか?

    アマゾンは5年後、何をどこまで支配しているか?

    ダイヤモンド・オンライン

    1/15

    AIは中立ではなく「女性嫌い」 検証結果で見えてきた負の側面

    AIは中立ではなく「女性嫌い」 検証結果で見えてきた負の側面

    AERA

    2/20

  • アマゾンが

    アマゾンが"唯一恐れた会社"の徹底した「顧客対応伝説」

    BOOKSTAND

    8/13

    アマゾンを動かすキーパーソンが立ち返るたった一つのビジョン

    アマゾンを動かすキーパーソンが立ち返るたった一つのビジョン

    AERA

    7/19

  • ロハコ、ヨドバシ・ドット・コム、dTV 日本企業が狙うアマゾンの「死角」

    ロハコ、ヨドバシ・ドット・コム、dTV 日本企業が狙うアマゾンの「死角」

    AERA

    7/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す