10月号
美術史家 門脇 むつみ Kadowaki Mutsumi
十七世紀画壇のスーパースター

2014/10/07 15:38

 狩野探幽(かのうたんゆう)(1602~74)は、五代続く画家の名門に生をうけ、徳川家康の御用(ごよう)をつとめ、秀忠以降、家光、家綱の御用(お抱え)絵師となり、後水尾(ごみずのお)天皇をはじめとする宮廷の愛顧を得て、73歳で亡くなるまで精力的な活動を続けた。江戸城や御所の障壁画から画帖(がちょう)の小さな画面まで、瀟洒(しょうしゃ)な山水画、迫真の肖像画、華麗な歌仙絵、可憐な花鳥画など、どんな絵にも巧みであった。生前から圧倒的な名声を誇ったが、死後も大きな影響力をもち続け、狩野派が江戸時代を通じて幕府御用絵師の地位を守り日本の画壇を牽引する基礎をつくった画家として顕彰されてきた。

あわせて読みたい

  • 黒田官兵衛を陥れた“卑怯者”の代名詞・荒木村重に子孫が…! 波乱の画家・岩佐又兵衛
    筆者の顔写真

    鈴子

    黒田官兵衛を陥れた“卑怯者”の代名詞・荒木村重に子孫が…! 波乱の画家・岩佐又兵衛

    dot.

    3/16

    春画にもユーモア? 春風亭昇太が語る河鍋暁斎の魅力

    春画にもユーモア? 春風亭昇太が語る河鍋暁斎の魅力

    AERA

    4/9

  • 北斎は「嫌いな浮世絵師No.1」だった? 日本人が意外に知らない天才絵師の素顔

    北斎は「嫌いな浮世絵師No.1」だった? 日本人が意外に知らない天才絵師の素顔

    AERA

    4/24

    お正月は美術館詣でからはじめよう!

    お正月は美術館詣でからはじめよう!

    tenki.jp

    12/30

  • 豪華絢爛すぎる名古屋城の本丸御殿 本誌でしか見られない「花桶図」を案内

    豪華絢爛すぎる名古屋城の本丸御殿 本誌でしか見られない「花桶図」を案内

    AERA

    6/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す