「男たちのマチズモ幻想終焉と女性性の底力を描きたかった」 作者が原点に返って

読書

2022/12/22 16:00

 伝説の柔道家・木村政彦を描いた『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した増田俊也さんの新作『猿と人間』(宝島社、1650円・税込み)は、デビュー作『シャトゥーン ヒグマの森』以来の動物パニックものだ。

あわせて読みたい

  • 「猿の惑星」最新作 衝撃のクライマックスで次章への期待大!

    「猿の惑星」最新作 衝撃のクライマックスで次章への期待大!

    週刊朝日

    10/7

    シリーズ最新作『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』2017年公開決定

    シリーズ最新作『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』2017年公開決定

    Billboard JAPAN

    12/14

  • デペッシュ・モードのマーティン・ゴア、ソロEPからMV公開&ボートラ追加し日本独自CD発売が決定

    デペッシュ・モードのマーティン・ゴア、ソロEPからMV公開&ボートラ追加し日本独自CD発売が決定

    Billboard JAPAN

    1/29

    一之輔が「桃太郎」を創作 鬼退治に最適なお供とは?
    筆者の顔写真

    春風亭一之輔

    一之輔が「桃太郎」を創作 鬼退治に最適なお供とは?

    週刊朝日

    11/13

  • 「鳥獣戯画」特別展の再開が待ち遠しい 知っておきたいその魅力

    「鳥獣戯画」特別展の再開が待ち遠しい 知っておきたいその魅力

    週刊朝日

    5/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す