乳腺外科医準強制わいせつ事件 露わになった「科学捜査」の問題点

2022/03/05 11:30

 女性患者の胸をなめたとして医師が準強制わいせつ罪に問われた事件で、先月、最高裁が二審の高裁の逆転有罪判決を破棄して、裁判のやり直しを命じた。有罪の決め手の一つとされたDNA鑑定に疑問符が投げかけられ、厳密であるはずの科学捜査の問題点が浮き彫りになった。医療ジャーナリスト・福原麻希氏が解説する。

あわせて読みたい

  • 今度は「裁判やり直し」が取り消しに… 袴田事件とはなんなのか?

    今度は「裁判やり直し」が取り消しに… 袴田事件とはなんなのか?

    AERA

    9/6

    袴田事件で「捜査機関が証拠を”捏造”」 弁護団が新証拠の補充書を最高裁に提出 

    袴田事件で「捜査機関が証拠を”捏造”」 弁護団が新証拠の補充書を最高裁に提出 

    週刊朝日

    7/1

  • 女性器3Dデータ事件 「ろくでなし子」が警察の“ウソ”を激白

    女性器3Dデータ事件 「ろくでなし子」が警察の“ウソ”を激白

    週刊朝日

    7/31

    目からうろこ!ワコールの教えが形成外科医の常識を変えた 乳がん患者の「乳房再建手術」が画期的に進化

    目からうろこ!ワコールの教えが形成外科医の常識を変えた 乳がん患者の「乳房再建手術」が画期的に進化

    dot.

    10/18

  • DNA親子鑑定急増、依頼の半数が「夫の子ではない」

    DNA親子鑑定急増、依頼の半数が「夫の子ではない」

    ダイヤモンド・オンライン

    12/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す